糖分少なめ

ポケモンの記事を書いたり

【JCS2017全国大会出場】とくぎは、ALKスタンです

 

        

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
カプ・コケコ 10まんボルト マジカルシャイン ボルトチェンジ エレキボール こだわりメガネ エレキメイカー
カプ・テテフ サイコキネシス ムーンフォース 10まんボルト まもる エスパーZ サイコメイカー
ウインディ フレアドライブ しんそく てだすけ まもる イアのみ いかく
カミツルギ リーフブレード スマートホーン せいなるつるぎ みきり きあいのタスキ ビーストブースト
ポリゴン2 おんがえし れいとうビーム トリックルーム じこさいせい しんかのきせき ダウンロード
ギガイアス いわなだれ ストーンエッジ のろい まもる イワZ すなおこし

 

戦績

JCS予選

A日程 17-3 1680
B日程 2-2   1501
C日程 16-4 1660
D日程 15-5 1620
E日程 15-4 1675
合計5015 53位 

 

ライブ大会

SORIAさん◯
バルドルさん×
わかさん×
そまーるさん×
ハルトさん◯
U.N.Owenさん◯

 3-3 27位

構築経緯

 グロリア本戦でじーんさんげべぼさんあたりが使ってたPT

の「手助け」+「マジカルシャイン」・「エスパーZ」のギミックを見て、ビートダウン性能の高さ、プレイングの容易さがJCS予選に向いてると思い、コケコテテフウインディを軸に構築を組むことを決めました。

この段階で重いポケモンの並び、またS操作がない、ここらへんを補っていくことを考えていきました。まずスカガブをしっかり受けれるポケモンとして、個人的に信用度の高いポリゴン2を採用。またトリックルームというS操作が入ったのでトリルアタッカーが欲しくなり、天候も取れるギガイアスの採用しました。

ガブリアス、カプ・コケコ、ドレコーにはある程度厚くなったので、あとはを見れるポケモンカミツルギを採用。

あとは型決めですが、とりあえずコケコ・テテフはメガネとエスパーZで確定で、ウインディも手助け型の回復実で確定。ポリゴン2はガブリアスに簡単に落とされないように火力より耐久重視。カミツルギは初めは手助けクサZで上から制圧する型を考えましたが、ギガイアスの技が命中不安定だったのでZを持たせたいということと、ペリゴルや、コケコ、タスキウツロイド、その他ビックリポケモンのめざ炎で飛ばされる怖さからタスキに変更。

と大雑把に決めてあとは実戦しながら調整して決めていきました。

 

個体紹介

 カプ・コケコ

努力値 :H4 C252 S252
実数値 :146-x-105-147-95-200

持ち物 :こだわりメガネ
特性  :エレキメイカー
性格  :おくびょう
   :10まんボルト/マジカルシャイン/ボルトチェンジ/エレキボール

 手助けマジカルシャインでガブコケコを一層するためにこだわりメガネ。本戦直前で耐久振りにするか迷いましたが、S落としてるコケコに上からメガネマジシャ2発を入れられる最速型のほうが強いと判断し、臆病CSにしました。

トリトドンが重たいので草結びを入れようかと迷いましたが、採用率がそこまで高くないポケモン用に技1枠使うのがあまり気に入らなかったため、カビゴンギガイアスに刺さるエレキボールを採用しました。結果的にはJCS予選で1、2戦ほどしか使わなかったので好みで決めていいと思います。

 

カプ・テテフ

努力値 :H4 C252 S252
実数値 :146-x-95-200-135-147

持ち物 :エスパーZ
特性  :サイコメイカー
性格  :ひかえめ
   :サイコキネシス/ムーンフォース/10まんボルト/まもる

Dに厚く振ったウインディエスパーZを乱数で耐えるので、なるべく落とせるようにひかえめに。10まんボルトは後述のウインディが少し火力を落としてあるので、フレドラを耐えたテッカグヤをしっかりと落とせるように採用しました。 

 

ウインディ

努力値 :H252 A132 B4  D92 S28
実数値 :197-161-101-x-112-119

持ち物 :イアのみ
特性  :いかく
性格  :いじっぱり
   :フレアドライブ/しんそく/てだすけ/まもる

Dはレヒレのダブルメガネだくりゅう確定耐えまで。フレアドライブ以外優先度が高い技なのでSは切って問題ありませんでした。手助けはコケコのマジカルシャインでガブコケコを落とすために採用。手助けエスパーZでレヒレも飛ばすこともできます。

カミツルギ

努力値 :H84 A108 B4  D60 S252
実数値 :145-215-152-x-59-177

持ち物 :きあいのタスキ
特性  :ビーストブースト
性格  :ようき
   :リーフブレード/せいなるつるぎ/スマートホーン/みきり

耐久振りタスキカミツルギ。配分はカントナさんのブログのスカーフツルギからもらいました。少し振るだけで耐久値がはね上がり、タスキ潰しのねこだましや天候ダメを食らってもある程度の特殊技なら耐える安心感が得られるので、振って損はないと思います。

 

ポリゴン2

努力値 :H244 B108  D156
実数値 :191-100-124-125-148-58

持ち物 :しんかのきせき
特性  :ダウンロード
性格  :なまいき
   :おんがえし/れいとうビーム/トリックルーム/じこさいせい

瞑想、バークアウトに刺さる恩返し型。裏から投げることが多いので威嚇の心配もいりません。無振りガブが落ちるぐらいにはCに振ろうと考えましたが、D振りガブが主流になってきていたため、しっかり耐えてれいビ+何かで落とすほうが確実だと思いすべて耐久に回しました。

 

 

ギガイアス

努力値 :H252 A84 D172
実数値 :192-182-150-x-122-27

持ち物 :イワZ
特性  :すなおこし
性格  :ゆうかん
   :いわなだれ/ストーンエッジ/のろい/まもる

DラインはC特化テテフのフィールドエスパーZ耐えに調整。コケコのフィールド珠10万も確定で2発耐えます。最初は回復実で使ってましたが、命中不安定技による負けの数が多かったのでイワZに変更しました。

 

選出・立ち回り

VS DJパ、AFK系統、テテフライド +or

 基本的にこのPTにはAFKデマルorコケコの選出をされることが多いため、相手のポリギガは軽視して選出していきます。

大体の初手がレヒレ@1なので、ツルギで処理しにいき、威嚇をまきに来たウインディエスパーZで飛ばします。レヒレツルギの並びがきた時は、テテフの裏からウインディを投げ、カミツルギに聖剣をうちます。

大体の試合で序盤は有利をとる展開になりますが、後半残ったカミツルギを上手く処理できるかが詰めの課題になってきます。

テテフライドには初手ツルギ守ってエスパーZでフワライド飛ばせばほぼ勝てます。

 

VS GACT系統 or+

ガブコケコにはてだすけマジカルシャインで一層します。もしも耐えられてジメンZで落とされ、裏のポリゴン2に挑発を入れられたらゲームセットです。一応テテフウインディでも対抗できますが、初手テテフに10万+毒づきで落とされ、裏のポリゴン2に挑発を入れられたらゲームセットです。

ガブリアスには出来るだけ威嚇を入れたいので、相手の盤面にガブリアスがいなければウインディはなるべく引きます。ポリゴン2をしっかり守り、ポリギガの並びを作れれば勝ちに近づきます。

 


  ほかにも沢山の選出パターンを作れるPTになってます。基本ギガポリは確定で、ウツロイド・テテフがいたらカミツルギを、カミツルギがいたらウインディを、という風に相手のPTに合わせて柔軟に選出します。

 

終わりに

全国大会は準備不足でした。正直あそこまでスタン以外の系統が出てくるとは思っていなかったです。まだまだ考察する余地があるルールだと気づかされたので、WCSまでの時間しっかりと構築を考えていきたいです。

 

 

 f:id:buraari:20170622210417p:plain

 

 

「頑張ろう、頑張ろう!」