読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

糖分少なめ

ポケモンの記事を書いたり

【がにゅーオフ優勝】ライコウマンダ

 

 

ポケモン 技1 技2 技3 技4 持ち物 特性
メガボーマンダ おんがえし りゅうのまい はねやすめ まもる ボーマンダナイト いかく→スカイスキン
ライコウ 10まんボルト バークアウト リフレクター まもる オボンのみ プレッシャー
ズルズキン ねこだまし ドレインパンチ かみくだく ファストガード ぼうじんゴーグル いかく
ミロカロス ねっとう れいとうビーム こごえるかぜ めざめるパワー草 とつげきチョッキ かちき
ゲッコウガ ねっとう れいとうビーム ダストシュート まもる きあいのタスキ へんげんじざい
ギルガルド シャドーボール どくどく みがわり まもる たべのこし バトルスイッチ

 

 

 

 

 はじめに

がにゅーオフお疲れさまでした。

結果は予選7位(4-2)からのまさかの優勝。自分いつからVGC2015できるようになったんですかね!?

PTはなかなかの手ごたえがあったのですが、回す時間が(シャドバのせいで)なかったのでプレイングが不安でした。
しかし対戦相手のみなさんが自分以上にこのPTを考察してくれてそれが良いヒントになり最後のほうはうまく立ち回れた気がします。


決勝の話を少しだけ。選出はとりあえずD高い2匹連れていけばいいかなって感じでした。

実はニョロトノの持ち物がずっと分からなくて最後まで悩んでたんですが、めざ草が急所にあたったおかげでシャドボ圏内に入ってくれたのが大きかったです。S下げて先制されてるよぶらありくん!!
(正直れいビのターン、シャドボでルンパ落とせると思ってた)

前日にのぶさんとS関係の話をしていて、その時に「雨ルンパはこごかぜ入ったらメガマンダより遅い」ってのを初めて知りました。すべて伏線だったとは。

 

 

個別紹介

構築考えるにあたって、つなさんの「構築の煮詰め方~」の記事を読破しました。タメになったねぇ~、タメになったよぉ~。

それと先人のライコウマンダの記事、特にキューピットさんの記事からは選出まで参考にさせていただきました。感謝感謝。

あとは安定のesports-runner。上位入賞PTのロトムは何があったんですかね。



 
メガボーマンダボーマンダナイト

特性  :いかく→スカイスキン
性格  :ようき
努力値 :H4 A252 S252
実数値 :171-187(197)-100(150)---100(110)-167(189)
技   :おんがえし/りゅうのまい/はねやすめ/まもる


メガ枠。れいビ耐え調整とかしたがいいんかなー?とか思いましたが、先人たちの記事見る限りぶっぱ安定ようだったのでASぶっぱに。ほとんどおんがえしと守るしか使わなかったと思います。半減でも強引に持っていける火力が強かったです。


ライコウ@オボンのみ

特性  :プレッシャー
性格  :おくびょう
努力値 :H252 C4 S252
実数値 :196---95-135-121-183 ※理想個体はH197
技   :10まんボルト/リフレクター/バークアウト/まもる

めざ氷ライコウがボックスに余ってるから使おう!ってところが最初でした。アタッカーとして起用→弱い→この型強い。って流れです。もちろん補助がメインなのですが、普通に殴り合いにも強くて万能でした。大抵ライコウマンダならゴツメとオボンのみの選択になってくるのですが、場に長く居座ることを重視してオボンのみを採用しました。


ズルズキンぼうじんゴーグル

特性  :いかく
性格  :ゆうかん
努力値 :H252 A252 D4
実数値 :172-156-135---136-56(S0)
技   :ねこだまし/ドレインパンチ/かみくだく/ファストガード

いかく要員その2。ガルーラ+モロバレルの並びが嫌いだったのでぼうじんゴーグルを採用しました。悪技はPT的に何回も殴る形が多いのでBダウンも狙えるかみくだくを採用しました。ファストガードは単純にマンダが確実に上から殴れるようにするためです。HDガルドとの相性も非常に素晴らしいです。


ミロカロスとつげきチョッキ

特性  :かちき
性格  :ひかえめ
努力値 :H164 B28 C128 S188 ※CはU
実数値 :191---103-149-145-125
技   :ねっとう/れいとうビーム/こごえるかぜ/めざめるパワー草


ランドロスクチートヒードラン辺りを見るためにいれました。チョッキを持たせることによって苦手なボルトロスに殴りあえます。努力値配分ですが、Sは最速バンギラス抜き。CはハイドロポンプでHバンギラスを確定2発。とまあ昔の適当個体を流用していたのですが、強いんでそのまま使ってます。めざめるパワー草を採用した理由は、単にミラーコートが相手依存で弱いのと、ほかに入れる技がなかったからです。


ゲッコウガきあいのタスキ

特性  :へんげんじざい
性格  :むじゃき
努力値 :H4 C252 S252
実数値 :148-109-87-155-81-191 ※理想個体はA115
技   :ねっとう/れいとうビーム/ダストシュート/まもる

この枠は雨に強く出れるポケモンとしてユキノオーを使っていたのですが、ヒードランボルトロスが重かったので前日にゲッコウガに。持ち物はスカーフ、珠、タスキで迷いましたが、ルンパッパに強くしたかったのと、使い勝手の良さでタスキを採用しました。
ちなみに個体値は理想生まれなかったのと、なぜか色違いが生まれてきたのでこんなことになってます。


ギルガルド@たべのこし

特性  :バトルスイッチ
性格  :おだやか
努力値 :H252 B4 D252
実数値 :167---171-70-222-80 (シールドフォルム)
    :167---71-170-112-80 (ブレードフォルム)

技   :シャドーボール/どくどく/みがわり/キングシールド


割とこのPTの要。S調整とかはせずHDにぶっぱしてます。威嚇やライコウのバークアウトと組み合わせて相手を詰ませたり、ボーマンダへの氷、フェアリー技を受けたりします。シンプルに最強。

 

選出、立ち回り


 
基本CHALKにはこれです。キューピットさんのブログを参考にしました。ライコウ表、ボーマンダ裏の選出はほぼ確実で、残りの二匹を変えていく感じです。

ボーマンダが暴れられる場を作ることを意識しつつ、ダメージレースに勝てそうなポケモンには積極的に殴っていきます。あとは数的有利を意識します。ヒードランボルトロスは早めに処理するか、恩返し圏内までには持っていきたいです。

試合がある程度進んだら、ボーマンダで上から制圧することを一番に、またギルガルドで詰ませることも意識して落としていきます。

最後に


改めてがにゅーオフお疲れさまでした!2日同行してくれたのぶさんもありがとう!
苦手なVGC2015で結果を残せることができてうれしかったです。VGC2017も頑張ります。

 

// ]]>